ラジオ アーカイブRADIO ARCHIVE

ナイスクサテライト FM79.2MHz 毎週金曜日 18:00~19:00

興陽館『1冊の「源氏物語」 光る君のものがたり』

2024年2月15日の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、興陽館の本田道生さんをお招きして、

『1冊の「源氏物語」 光る君のものがたり』をご紹介しました。
収録内容をお聞きになりたい方はこちら

興陽館は、ビジネス書やシニア向けのライフスタイル提案書籍、その他幅広い実用書を発刊している出版社さんです。田村セツコさんが語る、80歳からの一人暮らしや、NHKの大河ドラマや朝ドラに関連した書籍も多数手掛けています。

今回のゲスト、本田道生さんは、岡本太郎氏などの著名な芸術家や、作家、著者の書籍を多数手掛ける編集者です。また、最近では、和田秀樹氏の高齢でのひとり暮らしの生き方の本など、今まさにおきている社会問題に対して、元気の湧くメッセージを込めた書籍を編集されています。

今回ご紹介した、『1冊の「源氏物語」 光る君のものがたり』は、この一冊で『源氏物語』全五十四帖がまるごとわかる、という特徴を持っています。現代語訳は、『みだれ髪』の作者与謝野晶子氏によるもので、あらすじ+現代語訳+原文を収録しており、朗読にも最適な一冊です。

NHKの大河ドラマを見て、『源氏物語』に興味を持ち始めた方や、学生時代に国語の授業でちょっとふれたけど、実は詳しくは内容を知らない方に、おすすめです。たくさんの登場人物と複雑な人間関係で、把握しにくい源氏物語を、楽しくまずは概観するのに、おすすめの一冊です。

次回のナイスクサテライトもお楽しみに!

本の詳しい内容は、こちらをご覧ください。

虹有社『レベル、食べる? 神楽坂LEVEL四季の料理』

2月2日(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?
今回は、虹有社の中島伸さんをお招きして、『レベル、食べる? 神楽坂LEVEL四季の料理』をご紹介しました。
収録内容をお聞きになりたい方はこちら

虹有社は、旅とワインとワンコが大好きな出版社さんで、旅、ワイン、犬の本だけでなく
ワインから派生した料理本、チーズの本などを手がけていらっしゃる出版社さんです。
中島さんは虹有社の社長さんで、旅とワインとワンコに関連する書籍を手掛けていらっしゃいます。
2023年10月に発売された『トーコーキッチンへようこそ!』は、東郊住宅社という不動産が営む、入居者向け食堂「トーコーキッチン」が紹介されています。

今回、ご紹介した『レベル、食べる? 神楽坂LEVEL四季の料理』は、神楽坂で10年間、日仏バル「LEVEL」を営む大久保修平さんと白神美紀さんを著書に迎えたレシピ本。
LEVELは、日本食の出汁やうま味を生かして、肩肘張らずにワインと楽しめるような、優しい味わいの料理を提供しています。
もともと、中島さんがLEVELの常連さんだったこともあり、LEVELの魅力がたっぷり詰め込まれています。
ちょっと丁寧なおうち時間を過ごしたい方におすすめの1冊です。

『レベル、食べる? 神楽坂LEVEL四季の料理』はこちら

柏書房『どんマイナー武将伝説』

1月26日(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?
今回は、柏書房の村松剛さんをお招きして、『どんマイナー武将伝説』をご紹介しました。
収録内容をお聞きになりたい方はこちら

柏書房さんは、ノンフィクション、歴史、古文書などの書籍を刊行されている出版社さんです。
村松さんは、特に歴史系を手がけていらっしゃるそうで、
2023年12月発売の『戦国大名は経歴詐称する』は、武将の出自の謎に迫った作品だそうです。
織田信長や豊臣秀吉、徳川家康の三英傑などなど数多くの有名武将たちが取り上げられているので、
歴史好きな方はぜひ!

今回、ご紹介した『どんマイナー武将伝説』は、「れきしクン」としても知られる長谷川ヨシテルさんの著書。
教科書には載っていないものの、地域では超有名人だったり、戦において超功労者だったり・・・、と
存在感メジャー級の武将たちがなんと30人以上。
思わず、へーっとなる武将たちが盛りだくさん紹介されているので、
歴史好きな人はもちろん、歴史入門者の方にもおすすめの1冊です。

『どんマイナー武将伝説』はこちら

東京書籍『言語学的ラップの世界』

2024年1月19日の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?今回は、東京書籍の大原麻美さんをお招きして、『言語学的ラップの世界』をご紹介しました。収録内容をお聞きになりたい方は、こちら

東京書籍といえば、教科書で有名な出版社さんですよね?「NEW HORIZON」などの教科書シリーズは広く知られています。しかし、一般書籍の出版も手掛けており、『目で見ることば』のようなユニークな本も発行しています。文芸から自然科学、趣味実用まで、幅広いジャンルを手掛けられています。

今回のゲスト、大原麻美さんは、『ゲノムでたどる 古代の日本列島』や『哲学ってなんだろう?』など、多様なテーマの本を編集されています。考古学に遺伝学を導入したり、「機械は人間のように意志を持てるのか」など、読者に新たな視点を提供し、知的好奇心を刺激するようなライナップを手掛けていらっしゃいます。

今回ご紹介いただいた『言語学的ラップの世界』は、日本語ラップを深く愛する言語学者が、ラップの韻の技術を独自の視点で分析した言語学エッセイです。Mummy-Dや晋平太、TKda黒ぶちなど、著名なラッパーたちへのインタビューも収録されており、ラップ音楽の魅力を新しい角度から探求しています。著者の川原繁人氏は、ポケモンやプリキュアなどポップカルチャーを題材にした言語学の研究で知られる人気の学者さんです。この本は、ラップ音楽のファンはもちろん、言語学に興味のある方にもおすすめです。

次回のナイスクサテライトもお楽しみに! 今回ご紹介した本の詳しい内容は、こちらをご覧ください。

昭文社『地図でスッと頭に入るアフリカ55の国と地域』

1月12日の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?今回は、株式会社昭文社ホールディングスの竹内渉さんをお招きして、『地図でスッと頭に入るアフリカ55の国と地域』をご紹介しました。収録内容をお聞きになりたい方は、こちら

昭文社は地図専門の出版社として広く知られています。「まっぷる」と「ことりっぷ」など、これらのシリーズは旅行者に大変人気です。最近では、こうしたガイド本や地図だけでなく、読み物系など、ジャンルを広げています。

今回のゲスト、竹内渉さんは昭文社の編集部ご出身で、地図に対する情熱が人一倍。入社当時はロードマップなどを担当していました。その後、多くの書籍の編集を経験し、地図の魅力をより多くの人に伝えるために尽力してきました。

『地図でスッと頭に入るアフリカ55の国と地域』は、アフリカに特化したこの本では、味わい深いお洒落なイラストと情報を地図上に巧みに配置することで、単なるデータブックを超え、情報を直感的に理解できるようにしています。アフリカは現在、投資先として注目されており、この本を通じて日本のみなさんのアフリカに対する古いイメージを払拭できればという思いが込められています。アフリカに興味がある方、地図やデータを通じて新しい視点を得たい方に特におすすめです。

次回のナイスクサテライトもお楽しみに! 本の詳しい内容は、こちらをご覧ください。

合同出版『ぼくは不眠症。 眠れる夜を迎えるまでの20年』

12月22日(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?
2023年ラストの今回は、合同出版の上村ふきさんをお招きして、『ぼくは不眠症。 眠れる夜を迎えるまでの20年』をご紹介しました。
収録内容をお聞きになりたい方はこちら

合同出版さんは、〈知り・考え・行動〉するための情報を発信し続ける、ことを理念に
主に、教育系や人権・平和系の書籍を刊行されています。
上村さんは、外国にルーツを持つ子どもたち向けの『音・形・場面で身につく! にほんごワーク』や『たようせいってなに?』など、
様々なジャンルの書籍を手がけていらっしゃるそうです。

今回、ご紹介した『ぼくは不眠症。 眠れる夜を迎えるまでの20年』は、著者(原作者)である土井貴仁さんの不眠経験をマンガで紹介した本です。
土井さんは、幼稚園の頃から不眠に苦しみ、朝、学校へ行くことにも苦戦していました。
そんな土井さんが、不眠症の認知行動療法と出会い、解決するまでの20年が描かれています。
昨今、夜も明るく、娯楽コンテンツも増えたことで、多かれ少なかれ不眠に悩む人は増えています。
自分に合った眠りを求めている方におすすめの1冊です。

『ぼくは不眠症。 眠れる夜を迎えるまでの20年』はこちら

理論社『くらべてわかる 食育ずかん』

12月15日(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?
今回は、理論社の大嶋奈穂さんをお招きして、『くらべてわかる 食育ずかん』をご紹介しました。
収録内容をお聞きになりたい方はこちら

理論社さんは、創立75周年の児童書を出版している出版社です。
児童文学や図書館におく資料本などを出版しています。
最近では、ヨシタケシンスケさんの絵が目をひく『一年一組 せんせいあのね こどものつぶやきセレクション』が人気だそうです。

今回テーマの『くらべてわかる 食育ずかん』は、タイトルに「キャベツとレタス どうちがう?」とあるように、
似ている食材をくらべて、それぞれの違いや特徴がわかる内容となっています。
全3巻構成で、「①やさい・くだもの」「②ごはん・パン・めん」「③にく・さかな」と分かれています。
3巻目の「ロースかつとヒレかつ どうちがう?」では、私たちがよく食べる「牛、豚、鶏」の部位をイラストで紹介しています。
焼肉でよく登場する「カルビ」や「ハラミ」などのお肉が、それぞれ牛の体のどこにあるのかを知ることができるのです!
その他にも、いろいろな卵の種類やエビからカニへの進化など、子どもだけでなく大人が読んでもとても勉強になるトピックがたくさん掲載されています。
子どもから大人まで「食」への理解がより深まる本書、ぜひお手にとってみてください!

 

『くらべてわかる 食育ずかん』はこちら

PHP研究所『地獄の迷路』

12月8日(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?
今回は、PHP研究所の鈴木由季さんをお招きして、『地獄の迷路』をご紹介しました。
収録内容をお聞きになりたい方はこちら

PHP研究所さんは実用書からビジネス書、児童書など様々なジャンルを出版している出版社さんです。
今回ゲストの鈴木さんは、児童書出版部で絵本を中心にご担当されています。
今回は、クリスマスが近いとのことで、
お姫さまに好みの服を選んで着せていく『10階建てのお姫さま』や
ベビーカーを嫌がる子どもたちに向けた『ベビーカーぶーぶーぶー』など、
クリスマスプレゼントにぴったりな書籍をご紹介くださいました。

今回テーマの『地獄の迷路』は、大人気の「迷路シリーズ」の20冊目とのことです。
世界の様々な地獄やあの世を舞台に迷路が作られいて、
作家の香川元太郎さん、香川志織さんによる細部まで作り込まれた迷路は、
お子さんだけでなく大人も一緒になって楽しむことができます。
また、迷路だけでなく、「かくし絵」や「こんらんことば」も載っているので、
何度でも楽しめる内容となっています。
そして、少し難しい言葉も散りばめられていて、知的好奇心が刺激され学びにも繋げることができるとのこと。
『10階建てのお姫さま』や『ベビーカーぶーぶーぶー』と一緒に、ぜひお手にとってみてください。

 

『地獄の迷路』はこちら

えほんの杜『たった3分間のすごい世界 美しい写真でたどる科学の教養』

12月1日(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?
今回は、えほんの杜の立川宏さんをお招きして、
『たった3分間のすごい世界美しい写真でたどる科学の教養』
をご紹介しました。
収録内容をお聞きになりたい方はこちら

えほんの杜さんは、児童書に力を入れている出版社です。
ラインナップには、子供たちが楽しめる絵本や物語もあります。
最近では、『10歳から』シリーズが人気で、子供たちの学びに寄り添う出版社として知られています。

ゲストの立川宏さんは、児童書の編集に長年携わっています。
最近手がけた、『てらにゃんこ こころがけえほん』は、猫が主人公の、お寺の教えを伝えるユニークな絵本です。

今回紹介した『たった3分間のすごい世界美しい写真でたどる科学の教養』は、
3分という絶妙な時間をキッカケに、宇宙、生命、生物など、科学の様々な分野を簡潔でわかりやすく解説している本です。
1分では何かするには短すぎ、とはいえ、5分は間延びする。この点、3分は、なんとも絶妙で、不思議な時間ですよね?
カップラーメンもお湯を注いで3分、ウルトラマンも3分間だけ変身できる。
このなんとも不思議な”3分”の扉から、科学の知識の海へと飛び出すような、楽しい本でした。
各テーマの扉ページには、美しい写真が掲載されており、視覚的にも楽しむことができます。
この本は、科学に興味がある方はもちろん、そうでない方もきっと楽しめる、おすすめ一冊です。

『たった3分間のすごい世界 美しい写真でたどる科学の教養』はこちら

ブティック社『Love Me Doの月と龍が導く守護龍占い』

11月24日(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、ブティック社より9月に刊行されました『Love Me Doの月と龍が導く守護龍占い』をご紹介しました。

収録内容をお聞きになりたい方は、こちら

「歩くパワースポット」とも呼ばれる占い師のLove Me Doさんを著書に迎え、
2024年1年間の運勢を解説した本(全10冊)です。
Love Me Doさんといえば、占い番組だけでなく、
フットサル、サッカー番組など、テレビやラジオ、雑誌などで見たことのある方も多いのではないでしょうか。

私たちは、知らず知らずのうちに守護龍や月からエネルギーを受け取って生活しています。
受け取っていることを認識するだけでも、自分への影響は大きく変わってきます。
毎月、毎日の運勢だけでなく、
2024年、どんなことが起こりそうか、
また、あの人と今年はどんな風に付き合えば良いかな……など、相性と付き合い方も紹介しています。

あなたの守護龍は、書店や通販サイトでも見られる
本書のP.16-19の宿命年月数表を使って導きます。
【守護龍の出し方】
①宿命年月数表からあなたの「生まれた年」と「生まれた月」が交差する数を探してください。
②次に、①で出た数に、あなたの「生まれた日」を足してください。
③②で出た数が60以下だった場合、それがあなたの「宿命数」です。
もし、②で出た数が60以上だった人は、「②-60」をしてください。
それが、あなたの宿命数です。
④宿命数の「1の位」から、あなたの守護龍が導かれます。
宿命数の1の位が 1→開の龍、2→結の龍、3→伝の龍、4→灯の龍、5→舞の龍、6→救の龍、7→闘の龍、8→奏の龍、9→祈の龍、0→知の龍

あなたの守護龍と月のエネルギーを受け取って、素敵な2024年を迎えましょう。

『Love Me Doの月と龍が導く守護龍占い』はこちら
開の龍

結の龍

伝の龍

灯の龍

舞の龍

救の龍

闘の龍

奏の龍

祈の龍

知の龍

PageTop