ラジオ アーカイブRADIO ARCHIVE

ナイスクサテライト FM79.2MHz 毎週金曜日 18:00~19:00

2019年11月29日放送回

  • 11/29(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?今回は、株式会社英和出版社の東 由士さまをお招きして『新選組 最後の武士たち』を紹介しました。くわしくはコチラ↓
    『新選組 最後の武士たち』
    https://www.amazon.co.jp/dp/4865457453/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_vCh5DbYZ4JBWQ
  • 本書は、新選組の誕生から終焉までの歴史と、400名余りの隊士に関するプロフィールをまとめた辞書のような一冊。新選組による活動の中でカギとなる出来事を5つに分けて紹介。時系列に並べ、かつその年に入隊した隊士の名前やプロフィールも掲載しています。
    変化していく組織図を掲載し、時代の移り変わりを感じることができます。400名余りの隊士、資料探しや名前の確認に相当なご苦労をされたそうです。
    中には勝海舟がお金を借りに来た人の名前を記録していたノートから見つけるなど、思いがけないところに新選組の痕跡が残っていたのです。
    新選組の「選」は司馬遼太郎の『新選組血風録』にあわせたそうです。東さんは本書を通して、
    新選組には400人もの隊士がいたこと、新選組内部でのもめ事や移り変わり・生き様を感じてほしいといただきました。
    表紙は新選組の旗を連想させる「誠」の文字があり目立つこと間違い無し、見つけたらぜひ読んでみてください。それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

    DOWNLOAD: 20191129.mp3

     

2019年11月22日放送回

11/22(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、読売新聞東京本社 メディア局 大手小町編集長 小坂佳子さまをお招きして『助けて!ママ友地獄・・・。』『何とか結婚できないものでしょうか』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓
『助けて!ママ友地獄・・・。』
https://www.amazon.co.jp/dp/4331522563/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_XDZ2Db17V59DX
『何とか結婚できないものでしょうか』
https://www.amazon.co.jp/dp/4331522555/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_NEZ2DbKKV82SM

本書は、発言小町という掲示板に投稿されたトピ(トピックス)と
トピに対するレス(レスポンス)をまとめた一冊。

『助けて!ママ友地獄・・・。』では、ママ友同士のいざこざをまとめています。
ママ友のもめ事、発端は様々です。
その人の人となりが合わないから、子どもを介していじめられている、こんな仕返ししてるけど大人げないですか?など。
ママ友ならではの悩みが満載です。

『何とか結婚できないものでしょうか』では、結婚・婚活になやむ女性の本音が掲載されています。
自分が強みだと思っていることは婚活に生かせるのか、自分の理想が高すぎて身の程考えなければならないのかなど。
レスには、女性ならではの辛辣な意見も満載です。

小坂さんはこの2冊をとおして、
日々のモヤモヤや、日常の些細なことに悩んでいる自分に嫌になることもあります。
しかし、他の人も同じ悩みを持っているんだと知ることで、スッキリしてもらえたらいいなと思います。
今後は発言小町シリーズとして、「義実家(義理の実家)編」を出したいと考えています。
ぜひシリーズを通して、読んでいただきたいです。

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20191122.mp3

 

2019年11月15日 放送回

11/15(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、柏書房株式会社の村松 剛さまをお招きして『古典の裏』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4305708809/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_HCM0Db5YK95H6

本書は、「知ってるつもり」の有名古典の
「みんな知らない」ウラ話をまとめた一冊。

「裏」に隠された当時の時代背景や人々の事情、
関係性を知ることで古典の面白さの本質が見えてきます。

「『春はあけぼの』で書かれていない時間帯は?」
「平安時代、女性の顔を直接見ることを現代で例えると?」
など、学校の授業ではふれられない部分のQ&Aに加え、平安時代のシチュエーションを現代に置き換えてみたり、ポップな4コママンガで古典を読み解いていくとより身近なものとして親しみをもてるはず。

編集の山口さん、著者の松村さんは本書をとおして、
古典を昔の人々が愛した物語として楽しんでほしいと語ってくれました。
「古典って意外と面白いんだな」と感じていただけると、もっと知りたい・読んでみたいと抵抗感なく古典に親しめるようになります。是非読んでみてください。

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20191115.mp3

 

2019年11月8日 放送回

11/8(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、柏書房株式会社の村松 剛さまをお招きして『歌舞伎さんぽ』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓ https://www.amazon.co.jp/dp/476015101X/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_YgIYDbK8RS9RB

本書は、歌舞伎人気演目の魅力に触れながら、
舞台となった旧跡を訪ねて芝居の背景や歴史を体感できる1冊。

芝居の雰囲気がより伝わる迫力のあるイラストとレイアウト、
そして著者 小田豊二さんの独特な語り口での解説が、
読者をぐいぐいと歌舞伎の世界へと引き込んでいきます。

演目ごとに、いまに残る名所旧跡・ゆかりの地のガイドが付いているので、
観劇にも街歩きにも欠かせない1冊になっています。

編集の村松さんは本書をとおして、
ストーリーやその背景にある歴史やできごとにふれることで、
歌舞伎の楽しみ方の幅がより広がると語ってくれました。
日本の伝統芸能により深く浸ってみてはいかがでしょうか。

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20191108.mp3

2019年11月1日 放送回

こんにちは!
11/1(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、株式会社フローラル出版の河西泰さま、著者の村井祥亮さまをお招きして
『在宅で稼ぐ!SNS時代のMLM最新テクニック ネットMLM第百科』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4910017011/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_qdoWDb8J5MWGC

本書は、MLMといわれるネットビジネスを行う上で必要な
ノウハウを解説した1冊。
MLMとは「マルチレベルマーケティング」の略称で、成果報酬形で老若男女できることが魅力です。

本書では会わない・喋らない、でもできるビジネスという視点で紹介。
著者の村井さんが実際に経験した失敗談も掲載されているため、
ネットビジネスの良いところ悪いところ全てが分かります。

これからネットビジネスを始めようと思っている方はもちろん、
少し抵抗がある方でも一度読んでみてください!
ネットビジネスが怪しいのかどうか、決めるのはあなた次第です。

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20191101.mp3

2019年10月25日 放送回

こんにちは!
10/25(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、ナツメ出版企画株式会社の斉藤正幸さまをお招きして『山歩きの地図読みドリル』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/481636711X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_8FcUDbH6PJ6XX

本書は、入門者でも無理なく地図が読めるようになる、
地図読み問題が満載の1冊。
地図読みの基礎解説編はもちろん、
ベーシックな問題と、レベルアップした二部構成の問題編があり、
地図読みの基本と応用力が身につくこと間違い無しの1冊になっています。

編集の斉藤さんも登山愛好家。
そんな斉藤さんでも、著者の宮内先生といっしょに登山すると、
改めて気づくことが多かったそう。
地図読みが得意な人もそうでない人も、
もっと山を楽しむために、この本で読図力(どくずりょく)を鍛えてみませんか?

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20191025.mp3

2019年10月18日 放送回

こんにちは!
10/18(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、総合法令出版の大原彩季加さまをお招きして『人生が大きく変わる! 時空の超え方』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4862807119/ref=sr_1_2…

本書は、超常現象や宇宙など、
世界のあらゆる不思議な出来事を愛し、人々が「自分自身で奇跡を起こす」ためのサポートをしているカウンセラー『ケルマデック』さんが、普段私たちが認識できていない「時空」の存在に気づかせてくれます。

「時空とは何か」を理解し、理想の時空を選ぶことで、
私たちの身近にある悩みを解消したり、願いを叶えたりすることができるようになります。
「とにかく幸せになりたい」という方には必見の知識が満載。

時空の超え方以外にも、「神様っているんですか?」「タイムスリップって、できるんんですか?」「前世を思い出す方法はありますか?」など、気になる超常現象をまとめたコラムも本書の見所です。
実際にあったエピソードをもとに解説がしてあるので、超常現象の世界にどっぷりはまるきっかけになること間違いなし。

そんな編集の大原さんの願いは、
「上手くいかないことや大変なことがあっても、この本が人生を肯定してあげるきっかけになってほしい」ということ。
本書には、気楽に生きていくことの大切さを教えてくれる言葉が散りばめられています。
本書を読めば、すべての悩みを「これでいいのだ!」の精神で吹き飛ばすことができます。
この本をきっかけに、時空を超える生き方に挑戦してみてはいかがでしょうか。

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20191018.mp3

2019年10月11日 放送回

こんにちは!
10/11(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、株式会社グッドブックスの良本和恵さまと、良本光明さまをお招きして
『時代を動かした天皇の言葉』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4907461224/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_tVsPDbZ0KPKPS

本書は、長年にわたり「みことのり」研究を続けてきた著者が、
平成、昭和、大正、明治から江戸中期まで、
時代を遡る形式で重要な「みことのり」20詔を謹撰。

日本の歴史上、膨大な数にのぼる「天皇のお言葉」(みことのり)。
それは、時代時代の天皇の意思が凝縮して示された第一級史料といえます。

みことのり発出の時代背景を示しつつ、格調高い「みことのり」本文に語釈を加え、
丁寧に解説しています。

現在の上皇陛下から孝明天皇までを遡るかたちで紹介。
本書で取り上げた250年間には、幕末明治維新と大東亜戦争の敗北という未曾有の危機がありました。
わが国がこの国家存亡の危機をどう乗り越えることができたのか。
いつの時代にも危機の打開の中心に天皇がいらしたことが見えてきます。

本書を読めば、
国を思う天皇のご存在を改めて知ることができます。
この本をきっかけに日本は改めてすばらしい国だと実感できるのではないでしょうか。

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20191011.mp3

2019年10月4日 放送回

こんにちは!
10/4(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、株式会社ロクリン社の中西洋太郎さまと、
著者のホセ・サナルディさまをお招きして『南米妖怪図鑑』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4907542739/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_BNTMDbQ23Y9X0

本書は、南米大陸に伝わる妖怪40種について特徴や由来、生息域をイラストと共に解説した図鑑。
のっぺらぼうや一つ目小僧など、知っていても信じている人はあまりいない昨今の日本の妖怪たち。
一方、南米では「男兄弟の7番目の末っ子が大人になると変化する狼男風の怪物」や
「超巨大なおっぱいから怪音を放つ女妖怪」など、ユニークな妖怪たちが人々の生活に根付いているのです。

性格も見た目もインパクト大! な南米の妖怪たち。
そんな彼らと日本の妖怪との違いや共通点を探すのも、この本の楽しみ方の1つです。

妖怪の紹介ページの他にも注目してもらいたいのが、コラムページ。
著者であるホセさんの、妖怪にまつわる体験談が掲載されています。
アルゼンチンでは、大統領によって「この子はロビソン(狼男風の妖怪)でない」という
保証書が発行されているなど、現地でリアルに信じられているエピソードが衝撃ですよ。

そんな著者のホセさんと編集の中西さんの願いは、
「本書を通じて、南米のことをもっと日本人に知ってもらいたい」ということ。
本書には、南米の地図や国々の情報も掲載されているため、
南米のことをもっと知りたくなる仕組みが散りばめられています。

本書を読めば、
ユニークで、現地の人に身近に感じられている妖怪たちに会いに、
南米へ行ってみたくなるはず。
この本をきっかけに、地球の裏側の地域に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20191004.mp3

 

2019年9月27日 放送回

こんにちは!
9/27(金)の「本屋に行かナイト☆」はいかがでしたか?

今回は、株式会社廣済堂出版社から後藤高志さまをお招きし、
『ハシビロコウのすべて』を紹介しました。

くわしくはコチラ↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4331804194/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_PjwKDbCE6BHQS

本書は、シリーズ累計250万部を突破する「ざんねんないきもの事典」の今泉忠明先生を監修に迎え、
飼育員さんも見たことのない野生の姿、その謎の生態を写真と図解で余すところなく解説。
日本国内13羽のハシビロコウもすべて紹介します。一冊丸ごとハシビロコウです!

動かなくてカッコいい鳥「ハシビロコウ」上野動物園でのグッズ売り上げは第2位、パンダの次に売れているんです!
隠れファンは多く、SNSでも反響を呼んだ1冊。
よく見ると個体差があり、意外と動く!
飼育員さんを見て態度が変わったり、とても賢く人間味を感じることも……。
この本を読み込むと、ハシビロコウの魅力に引き込まれ会いに行きたくなります!

エンディングでは、まもなく発売予定の2冊、
『ふたばフォトブック』
https://www.amazon.co.jp/dp/4331522636/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_XrwKDb40KQ702
『ハシビロコウカレンダー2020』
https://www.amazon.co.jp/dp/4331253384/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_1QwKDbCM1CCTJ
をご紹介いただきました。

『ふたばフォトブック』は、掛川花鳥園にいるアイドル的存在のハシビロコウ。
飼育日誌や飼育員さんが撮った写真など、普段見ることができない貴重な資料も掲載。
ふたばの魅力を存分に伝えます!

『ハシビロコウカレンダー2020』は、7月に松江フォーゲルパークで公開された1羽を加わった14羽を掲載。カレンダーの終わりには、各園にいるハシビロコウの紹介もありガイドとしての利用価値もあります。

どちらもハシビロコウ好きにはたまらない、要チェックの2冊です!

それでは、次回のナイスクサテライトもお楽しみに!!

DOWNLOAD: 20190927.mp3

 

PageTop