出版物 アーカイブPUBLICATION ARCHIVE

今すぐ使えるかんたんmini オリンパスOM-D E-M1X基本&応用撮影ガイド(カメラ)

「インテリジェント被写体認識AF」「プロキャプチャーモード」「ハイレゾショット」「ライブND」「深度合成」などなど、オリンパスのフラッグシップ機OM-D E-M1Xには魅力的な機能が満載されています。この1台で何ができるのか、どう使うのかをハンディサイズで作例豊富に解説します。

オールドレンズ実写図鑑(カメラ)

レンズには、性能だけでは語れない、それぞれの「写りの個性」があります。
特にオールドレンズは個性豊かで、写りのバリエーションが豊富。同じ焦点距離なのに、写りがまったく違う、写真が一変、こんな面白さを一度味わえば、きっと夢中になってしまいます。
本書では、人気のオールドレンズの中から、写りが面白く、比較的安価で気軽に楽しめるレンズをメインに52点をチョイス。
すべてのレンズをデジタルカメラで実写紹介し、レンズの構造や写りの傾向/評価はもちろん、誕生の経緯や進化の過程など歴史的な周辺情報も盛り込んで解説。さらに各レンズのボディとの装着方法まで、レンズの魅力を具体的かつ総合的に紹介します。

フォトグラファーが教える Nikon Z7 & Z6 撮影スタイルBOOK(カメラ)

2018年に登場したNikon初のフルサイズミラーレスカメラ「Z7」と「Z6」の操作と活用法を紹介するマニュアル。Zシリーズ特有の撮影機能から、Dシリーズとは異なる操作性のボタン・メニューの使いこなしやカスタマイズまで解説。ニコンカレッジ講師の上田晃司氏をナビゲーターに迎えて、Zシリーズの魅力と実力を紹介します。はじめてミラーレスカメラを使う人にもおすすめの1冊です。

フォトコンライフ2019年夏号No.78(カメラ)

写真コンテスト入賞や写真上達を目指す、愛好家の方々の写真ライフを応援するフォトコンライフ。
今回の夏号は、付録DVDで人気の花火撮影がカンタンに始められるテクニックを紹介、花火大会の打ち上げ映像に合わせて「ここでシャッターを切ります」と、実況で撮影法が具体的にわかります。
また、巻頭特集では夏の日差しを活かした風景の撮影テクニック、さらに夜景がもっとキレイに撮れる撮影法など、テクニック解説が充実。
もちろん、コンテスト上位入賞作品や写真家の作品など夏景色の見応えのある写真が目白押し。
夏ならではの撮影のアイデアを盛り込んだ一冊です。

フォトライフ四季夏号vol.109(カメラ)

今号の特集
①フォトカルチャー倶楽部会員のとっておきの1枚
②フォトインストラクター 西田省吾先生が教える、曼珠沙華撮影テクニック
③写真家 金武 武先生の愛用機材はこれ!
④JAPAN PHOTO「日本の祭り」写真コンテスト2018
⑤第16回 秋山庄太郎「花」写真コンテスト

フォトライフ四季春号vol.108(カメラ)

今号の特集
①フォトカルチャー倶楽部会員のとっておきの1枚
②フォトインストラクター 川瀬陽一先生が教える、チューリップ撮影テクニック
③写真家 川合麻紀先生の愛用機材はこれ!
④あなたもいいね!で参加 Facebook写真館

フォトコンライフ2019年春号No.77(カメラ)

写真コンテスト入賞や写真上達を目指す方々の写真ライフをより充実させるフォトコンライフ。今回も、昨年寄せられた多数の写真の中から上位入賞作品を紹介します。審査員の解説付きで、入賞のコツが分かります。
巻頭特集は「目が悦ぶ桜の撮り方」。今が見頃の桜を、すぐに使える実践テクニックで、自分の目が悦んだ通りに撮っていきます。実例写真も多く掲載され、より一層分かりやすいものに。
読めば春の芽吹きを撮りにいきたくなる一冊です。

Lens magazine vol.1(カメラ)

写真用レンズに焦点を当てたレンズマガジン。歴史のある個性派商品から、高性能の最新モデルまで、たくさんの写真を交えて、あらゆるレンズを紹介するムックです。
特集は「写真家たちの私の最高のレンズ」。写真家や写真評論家たちが、「無人島に持っていく」をキーワードに、これさえあればやっていける、という特選レンズについて語ります。
レンズの主要11メーカーから発売されている新製品や高性能モデルと総覧できる「最新注目レンズガイド」は必見の内容。レンズを使った実写写真も掲載され、求めるレンズ探しに役立ちます。
レンズを楽しみ尽くすこだわりの1冊。ぜひ読んでください!

FILM CAMERA STYLE vol.4(カメラ)

フィルムカメラスタイル第4弾。特集は、ニコンF、キヤノンNewF-1などの往年の一眼レフの名機にスポットを当てた「一眼レフの名機で撮る」。最高級機×フィルムの格別な楽しさをカメラ解説と実写で紹介します。
好評のフィルム実写レビューはカラーネガからモノクロやリバーサルまで今こそ使いたいフィルム10種類をピックアップ。定番の実力派から個性的なものまで、コニカFS-1やミランダなど楽しいカメラで撮影しています。
また、藤田一咲氏のトイカメラギャラリーでは、チープながらも独特の写りが楽しいフィルムカメラで撮影、そして加納満氏のモノクロと河野鉄平氏のカラーのギャラリーなど、フィルムの魅力いっぱいの作品が並びます。そして、フィルムならではの“特権”である「色カブリ」の愉しみ、人気のコンタックスが直る修理店、3千円台でニコンEMやオリンパスL-3を探し出した「中古カメラ激安ハンティング」など、今回もバラエティ豊かで盛りだくさんのコンテンツ。長年のフィルムカメラファンも、これからフィルム写真を始めたい人も楽しめる一冊です。どうぞご覧ください!

GoPro 100%活用ガイド(カメラ)

この1冊で魅惑の映像作品が撮れる!

アクションカメラとして定番の地位を確立したGoPro。
バイク、スキー、サーフィンといったハードスポーツはもちろんのこと、食事や旅行といった日常生活に至るまで、
さまざまな場面で活用されています。
本書は、GoProの最新機種であるHERO7(Black/Silver/Whiteの3モデル)の紹介とともに、
GoProを100%使い倒すための撮影・設定・活用のノウハウを、
GoProファミリー・メンバーのアドバイスをまじえながらわかりやすく整理し、まとめた1冊です。
GoProをこれから購入しようとしている人も、すでに活用している人、どちらのユーザーにもオススメです。

PageTop